【100均ダイソー】潔癖症でも大丈夫?5歳1歳兄弟がマジックウニぼうずで遊んでみた!

☆おすすめグッズ☆
KAB
KAB

2児男の子元保育士ママのKABです!

今回は100均のマジックウニぼうずをご紹介したいと思います!

この記事では

お金を掛けずに遊びたい
室内遊びを楽しみたい
玩具を増やしたくない

方におすすめです!

マジックウニぼうずとは?

ダイソーやセリアなどの100円ショップで売られている室内玩具です。

見た目は商品名通りまさにウニそのもの!

感触はプニプニして柔らかくしっかりとした粘着力があります。

触るとベタベタ感はありますが、手は汚れません!

開封してみた

中身を出してみるとピンク、黄緑、青、オレンジ、黄色の5色のウニぼうずが16個入っていました。

KAB
KAB

カラフルなので並べただけで可愛い♡

遊び方は簡単

うにぼうずを持って

壁やガラスに投げる!

以上!笑

KAB
KAB

これだけなのに不思議とクセになっちゃうんです!

潔癖症兄弟の反応は?

我が家は5歳と1歳の男の子ですが、2人して手が汚れるとすぐ手を洗いにいったり、気持ち悪いようですぐ訴える潔癖症気質です笑

ウニぼうすは油分が含まれているのでベタベタしています。

最初に私が触ってみて遊び方を説明しました!

触るとやはり

「なにこれーベタベタするー」

「気持ち悪い…」

とやはり反応イマイチか…と思いきや、壁に投げてみせると

ウニぼうずのそれぞれの動きに夢中になっていました!

次男も最初は触るのを嫌がっていましたが、長男が遊ぶ姿をみてツンツンしたり、潰したり、コロコロ転がしたり…一緒に投げたり、感触を楽しむようになり、2人で取り合いになる程でした。

使ってみて気になった点

ホコリが付きやすい

だんだん使ってくるとホコリやゴミがついてしまい粘着力が弱くなってきます。

色んなところに投げつけ床に落ちるので、いろいろついてますね・・・。

水洗いをすることが出来るので乾かせばまた復活します!

扱い方は優しく

壁から取るときウニの脚を強く引っ張るとちぎれてしまいました。楽しくなると扱い方は乱暴になりがちの我が家兄弟。ホントの生き物を扱うように「優しくね」と声を掛けるもののわんぱく兄弟にはちょっぴり難しかったです。

目が離せない

次男は少しづつ物を口に入れなくなってきたものの、興奮したり、ふざけてしまうと口の中に入れてしまうこともまだあるため、誤飲がないように目が離せないので大人と一緒に遊ばなくてはいけません。ものも小さいのでなくなりやすいので、フタ付きのケースに片付けて、子どもだけで遊ばないように手の届かない場所に保管するようにしましょう。

KAB
KAB

最後片付けるときに16個あるか確認にして常に紛失しないように数えていました笑

兄弟喧嘩になる

大人でもやりたい程楽しいので、兄弟で使う場合100%取り合いの喧嘩になります。

我が家は4歳差で、徐々に長男が次男に貸して遊べますが、年齢が近いとそうはいかないので量を増やしたり、工夫する必要があります。

買って良かった点

全身使って遊べる

投げることはもちろん、ジャンプやしゃがんだり、手先を使うので運動になるので思いのほか体力を使います!

分かりづらいですが天井からじわじわ落ちてくるのが面白くて、まっくりくろすけゲームと呼んでいます笑

創造力豊かな遊びが出来る

1個投げたらどう落ちるか、全部だとどうなるか?、テレビにはつくか?など実際に自分でやってみてわかる楽しさを味わえたり、ゲームにして競い合ったり、遊び方やルールを自由に考えることができるので無限な遊びが出来ます。

次男は感触だけでなく、次第に入れ物に入れたり、ぬいぐるみに食べさせたりとごっこ遊びをする場面も見られたので年齢によってはいろんな発見が出来たのでよかったです!

お風呂へ行くのがスムーズ

遊んで汗をかいた後にお風呂で洗おう!と持っていくことでお風呂に入るまで時間のかかる我が家は大助かり!

お風呂でも壁につけたり、桶にいれたり、一緒に入ったりして遊んでいます。

注意事項

対象年齢は3歳からです。
ビー玉くらいの小ささなので、誤飲に注意!
シミになることもあるので、家具や床、衣類に長時間付けっぱなしにしないようにしましょう!

まとめ

投げることが好きな息子たちは大喜びのマジックウニぼうず。潔癖症気質兄弟ですが、ベタベタ感をきにするのは最初だけでした!

投げるだけでなく、ごっこ遊びをしたり、長男が足し算引き算をする際に使えたりするので、コスパは最高でした。

ただホコリやゴミがつきやすいので取り扱いは注意です!

梅雨時期や暑い時期の遊びにも楽しめるので100円ショップに行かれたらチェックしてみて下さいね!

タイトルとURLをコピーしました